スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
信州木曽路へドライブパート2
2011 / 06 / 30 ( Thu )
今朝のニュースを見て ビックリしました。

長野の松本地方で 震度5強の地震がありましたね。

今書いているお出かけの場所が 松本から近い所だったので・・・

被害が無ければいいのですが・・・

でもニュースで見た限りでは 今の所 被害は出ていないとのことですので良かったです。



さてさて。

「日帰り強行スケジュールドライブ」 の続きです。 パート1はこちらから。

中央高速の伊那ICを出て、いよいよ 目的地の木曽郡王滝村に向かいました。


伊那ICを降りて、長い権兵衛トンネルを抜けると
そこはもう 木曽町でした。依然とし雨は降り続いています。
それどころか、雨脚が強くなったような・・・(汗

信州木曽路7



「道の駅」日義木曽駒高原です。
ここで降りて休憩。 このときは 雨は止みました(笑

信州木曽路8



山の頂上は こんなでした

木曽御嶽山に行けるのかしら・・・それとも 戻った方がいいのかな~?

信州木曽路9

家族会議の結果(ハナも参加) せっかく来たのだから いけるところまで行こう!!!
と言うことで 先へ 先へと 車を走らせました。



雨は降ったり止んだり。何回かのトンネルをくぐると
そこは道が乾いていたり、濡れていたり・・・時々 サァーーと日が差したり・・・


でも そのお陰で 素晴らしい景色を見ることが出来ました♪

山々にかかる 虹です!!!



残念な事に とっさの事だったし、 
走る車内から撮っているため 画像がよくありません (>_<)

 
ツイテル♪ きっと これから行く 「御嶽山 自然湖」 も
きっと日が差しているかも(*^-^)ニコ





御嶽山に行く途中にある 「御岳湖」を通り越して 「自然湖」と言う所へ到着しました。

信州木曽路10

「自然湖」は昭和59年長野県西部地震でできた天然湖です。
湖面に立ち枯れた木々が神秘的で、四季を通して 写真を撮りに来る人が多い場所です。
また、カヌーツーリングで湖上を散策もできるそうです。

ただし 予約をしないといけません。

車から降りて 写真撮影タイム! 

雨が・・・少し強くなってきたので 長く留まっていられなかった(汗

信州木曽路11



信州木曽路12



信州木曽路13



信州木曽路14

文字通りの自然湖でした。お天気がよければ もっと もっと きれいな景色だったでしょう~
でも、雨で霧が立ち込めて 幻想的な世界でした。
こんなモノトーンの世界も また素敵です♪
人工的なものは 一切ありません。

実はもっといられたのですが、トイレがまだ設置されていなくて(汗
トイレに行くために 車を少し走らせキャンプ場のトイレをお借りしました (>_<)

信州木曽路15

午後から晴れ間が出るかもしれないという 期待を残してお昼を食べに木曽町に戻りました。

お昼近くになって、時々晴れ間が覘いて来ました。




あれーー! この「道の駅」は月曜日休みで閉まっていました

信州木曽路16



でも、街道を走り やっと見つけました、美味しそうな日本蕎麦屋さん。

信州に来たら やっぱ、手打ち蕎麦でしょ~

信州木曽路17

満足です 天ざるの天ぷらも手打ち蕎麦も 大変おいしゅうございました(o^-')b グッ!




この後は 次の目的地 御嶽山の登山道 「王滝口」を目指します。

ここは 標高2180メートルの7合目、300台の無料駐車場も完備され
登山道の起点に広がる「田の原天然公園」はまさに 高山植物の宝庫。
特に6月~7月ごろは、クロユリやチングルマ、コバイケイソウなどが
遊歩道から観賞を楽しめる場所だそうです。


写真の枚数が多いと重たくなるので、またまた 次回に続きます。
次回はパート3で たぶん 最終回になると思います(笑



下のバナーをポチッとしていたくと、嬉しいです♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村

ありがとうございます♪ 励みになります。


コメント欄、もう少し閉じさせてもらいます。

 
関連記事
14 : 30 : 16 | ハナとのお出かけ | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://lovelyhana1217.blog69.fc2.com/tb.php/384-8b822de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。