スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
生田緑地ばら苑 前編
2010 / 10 / 25 ( Mon )
24日の日曜日に 「生田緑地ばら苑 」 に行って来ました。

この日は曇りの日で、天気予報によると夜から雨の予報が出ていました。

でも日がカンカン照りより写真が撮りやすいかなと、姉を誘って行って来ました。

ここは多くの市民ボランテアの方々がバラを育成管理していて、入場料は無料です。

でも、寄付をする事によって肥料とか色々まかなっているらしく、

入り口に寄付の箱が置いてあります。もちろん、私も姉も寄付しましたよ。


このばら苑は、ワンコは入れないのでハナはお家でお留守番です。




駐車場からこのばら苑に到着するまでが、坂道や階段がけっこうキツイ!

私も姉さんもふうふう言いながら山の上まで歩きました。

身体が不自由の方や、車椅子の方にはちゃんと送迎用のバスが出ているようです。

もちろん私たちは運動のために歩きました。フフッ ダイエットが必要な二人ですから




ここからばら苑の写真ですが、多くなるので前編と後編 2回に分けました。



ばら苑に入ってすぐ入り口の所。
生田緑地ばら苑1

ここは多摩丘陵の森林地に囲まれたとても静かな所でした。

360度の緑のパノラマと、清涼な空気が体験できる「秘密の花園」として
親しまれ、春と秋の年2回開苑しています。

日曜日とあって、家族連れの方やご夫婦でにぎわっていましたが、
皆さんばら好きの方ばかりで、とても落ち着いた雰囲気の中でのバラ観賞でした。



この場所は一番高い所から撮った写真です。
生田緑地ばら苑2

私は初めて来たのですが、春にも訪れた事がある方たちは
春はもっと豪華で素敵ですよ。とおっしゃっていました。

秋のバラ苑はやはり少し寂しい~と。



「桜霞」
生田緑地ばら苑3

サクラガスミ 1990年日本作出


「サクラガスミ」
生田緑地ばら苑4




「コンデサ・デ・サスタゴ」
生田緑地ばら苑5

スペイン作出


生田緑地ばら苑6

花びらの裏側がゴールド色で、初めてお目にかかるバラです。




「ダブル・デライト」
生田緑地ばら苑7

覆輪で可愛らしい♪


「ダブル・デライト」
生田緑地ばら苑8




母と子の像
生田緑地ばら苑9




「黒真珠」
生田緑地ばら苑10

1988年 日本作出
黒紅色で、HTのパパメイアンに良く似ていました。




2008年に出来た イングリッシュコーナー に移動しました。

「ジェントル・ハーマイオニ」
生田緑地ばら苑11



「プリティ・ジェシカ」
生田緑地ばら苑12



「クイーン・オブ・スウェーデン」
生田緑地ばら苑13



「クイーン・オブ・スウェーデン」
生田緑地ばら苑14

残念ながらイングリッシュコーナーは、咲き揃っていませんでした。
蕾がいっぱいだったので、これからでしょうか。


全体で5~7分咲きかな~それでも品種によっては
もう咲き終わってしまったのもありました。

オベリスクや、ポール、アーチなどに這わせているバラはやはり春の方が
一斉に咲いてきっと豪華なんでしょうね。


秋の生田緑地ばら苑では、およそ400種、4400株のバラが開花するそうです。

とても写真に収め切れません。

ここに掲載してあるバラは、私の独断で珍しいバラや、私好みのバラなどを載せました。


最後まで見て下さってありがとうございます。

バラの品種名は立て札に書かれた名前をメモし記載していますが、
前後左右で間違った名前を載せてしまっているかもしれないので、
もし違っていたら教えていただけるとうれしいです。


次回に続きます。



クリックしてね♪ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村

応援有難うございます。
皆さんの応援クリックや拍手はとっても励みになります。
コメントもお気軽に残してくださるとうれしいです(^.^)

関連記事
17 : 29 : 00 | ハナとのお出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<生田緑地ばら苑 後編 | ホーム | やっと咲いてくれたイングリッシュローズ♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://lovelyhana1217.blog69.fc2.com/tb.php/258-4fd43aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。